読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井阪HD社長案を可決…24年ぶりトップ交代

セブン:井阪HD社長案を可決…24年ぶりトップ交代 - 毎日新聞

記事要約

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は26日午前、東京都千代田区の本社で株主総会を開いた。グループを24年間率いてきた鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO、83歳)が退任し、中核子会社セブン−イレブン・ジャパンの井阪隆一社長兼最高執行責任者(COO、58歳)がHD社長に昇格する人事案が賛成多数で可決された。鈴木氏は経営から退いて名誉顧問に就き、鈴木氏を支えてきた村田紀敏HD社長兼COO(72)も退任して顧問となる予定である。

疑問

CEOを変えて本当に企業が変わるのだろうか。

考え・主張

私はHDは変わると思う。なぜなら、トップが変われば新鮮味が増し、新たなアイデアが生まれるからである。また、同じ人がトップに居続けると悪影響が出るのは確かである。1960~80年代後半にかけてチャウシェスク氏が独裁権力者としてルーマニアのトップに立っていた時代、最後は市民の怒りが爆発して失脚に追い込まれた。

その他

特になし