読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売online 乳がんは東京、肝臓がんは西日本…発症に地域差

乳がんは東京、肝臓がんは西日本…発症に地域差 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

記事要約

がんを発症する危険性は居住する都道府県により差があることが29日、国立がん研究センターが発表した2012年のがん患者の推計値でわかった。乳がんの発症は東京で突出して高く、肝臓がんは西日本に偏っていた。 推計値によると、12年に新たにがんと診断されたのは約86万5000人だった。

疑問

なぜがんの発症に地域差があるのだろうか。

考え・主張

私はその地域のご当地の食べ物が影響していると考える。なぜなら、食べ物くらいしか地域で差があるものが思いつかないからである。西日本で肝臓がんの発症が多い理由は酒の飲みすぎであると考えられる。九州地方の人々は酒が一般的に酒が強いといわれるが、さすがに飲みすぎは体に良くないのであろう。

その他

特になし